ダイエットに効果的な運動は有酸素運動

が考えるダイエットのためには適切な運動は欠かせないものです。しかし、一言で運動と言っても、有酸素と無酸素の二つの種類があるものです。ダイエットに効果を発揮するのは有酸素運動のほうです。恐らく、最も有名なのはウォーキングでしょう。ウォーキングのようなゆっくりとした動きでは、筋肉の使用量は少なく、なおかつ筋肉にそれほど大きな負担をかけないという特徴があります。こうしたゆっくりとした動きを長時間行なうことによって、酸素をより多く取り込み、使用することになるでしょう。ウォーキングに加えて、おすすめなのは水泳です。水泳は全身を使うため、高いダイエット効果が期待できます。もちろん、水泳と言ってもいろいろな泳ぎ方があるものです。中でもおすすめなのは平泳ぎであると言われています。なぜなら、平泳ぎはクロールや背泳などと比べて楽にゆっくりと長時間泳いでいられるからです。できれば三十分以上、ゆっくりと泳ぐようにしましょう。こうすることによって、脂肪を効果的に燃焼できるようになるでしょう。もちろん、クロールも有効です。クロールの消費カロリーは非常に高いからです。ダイエット目的でクロールをする場合には、ゆっくり泳ぐことを意識して行ないましょう。そうすることによって、脂肪が燃焼しやすい状態を作ることになり、効果的な有酸素運動となるでしょう。もちろん、水の中を歩くだけでもかなりいい運動になります。水中を歩く際には、水の抵抗があるため、足に負担がかかりなかなか思ったようには歩けないものです。その結果、全身の筋肉をバランスよく使って歩くことになります。こうして全身の筋肉がつき、新陳代謝も良くなり、脂肪が燃焼しやすい状態になるのです。さらに、水温が低いため、体はついた脂肪をエネルギーに変えようとします。このようにしてカロリーが消費されるため、ダイエットには最適と言えます。しかし、水泳をしたり水中を歩いたりすれば、誰でも自然にダイエットできるというわけではありません。正しい方法で、効果的にダイエットしたいと思うなら、水に入る前の良い準備は欠かせないでしょう。水に入る前には、必ずストレッチを行なうようにします。こうして事前に筋肉をほぐしておくなら、脂肪はより一層効率よく燃焼するようになるのです。また、入水の前にストレッチを行なうことによって筋肉を温めておくなら、水泳によって全身運動をした時に、より高いダイエット効果が得られるようになるでしょう。こうした水泳に加えて、もう一つおすすめの有酸素運動は室内で行なうことのできるエアロビクスやスクワットです。特別な道具も必要なく、室内で手軽に行なうことができるため、ジムに通う時間がない方などには特におすすめの運動と言えるでしょう。外の天候に左右されることなく行なえるのも大きなメリットと言えます。これまで、お腹の脂肪を燃焼させるためには腹筋を行なうのが、最も一般的なダイエット方法とされてきました。しかし、最近ではスクワットがすすめられるようになっています。それは、スクワットを行なうことによって、かなりの程度腹筋を使うことができ、効果的に脂肪を燃焼させることができると言われているからです。加えて、正しい方法でスクワットを行なうならば、腹筋だけではなく、背筋や腕の筋肉、また太ももといった足の筋肉もしっかり使うことになります。つまり、体のあらゆる部分の筋肉を使うため、部分的に痩せると言うよりも全身をまんべんなくダイエットできるという効果があるのです。また、適度な筋肉もつくため、引き締まったスタイルにしてくれるでしょう。もちろん、やり過ぎると筋肉がつきすぎてしまうことがあるため、やり過ぎに注意して楽しく、毎日行なうのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です