体幹を鍛える運動で効果的にダイエット

ダイエットに効くと言えば、筋肉トレーニングやジョギング、まやウォーキングなどを思い浮かべる方が多いことでしょう。どんな運動を取り入れるにしても、ダイエット効果を得るために共通しているのは、体幹を鍛えるということです。例えば、おすすめのトレーニング方法としてプランクと呼ばれるものがあります。方法は非常に簡単で誰にでもできます。うつ伏せになった状態で、肘と腕の部分を床につけます。肘と腕で体を持ち上げて、その状態を三十秒から四十秒ほど維持します。これを根気よく毎日継続して行なうことによって、腹筋が鍛えられ、気になるお腹を引っ込ませることができると言われています。このトレーニングによって体幹を鍛えることができれば、お腹に余分な脂肪がつかないとともに、腰痛を緩和させることができるため、まさに一石二鳥と言うことができます。それは、この種のトレーニングを行なうこと林田学によって、胴体の部分を支える筋肉をしっかり鍛えることができるからです。しかし、この種のトレーニングは筋肉トレーニングの一つとも言われ、非常に優れたダイエット効果を発揮できるわけではありません。どちらかと言うと、補助的な役割を果たしていると考えることができるでしょう。しかし、その働きは非常に重要です。一般的に言って、運動によって高いダイエット効果を得ようと思うと、基礎代謝を上げる必要があるでしょう。しかし、基礎代謝が上がるほどの効果を得たいと思うなら、太ももや背筋といった大きめの筋肉を鍛えることが必要であると言われています。それに対して、このような胴回りの筋肉は小さめの筋肉に分類されるため、それだけで痩せるというのはなかなか難しいとされているのです。それでも上手に鍛えるならば、他の運動と組み合わせることによって、健康的なダイエットを実現させることができるでしょう。このように、体幹トレーニングを行なうならば、胴体部分を支えている大事な筋肉を鍛えることができます。もちろん、このトレーニング自体の消費カロリーはそれほど高いわけではありません。そのように消費カロリーが高くないということは、脂肪の燃焼量もそれほど多くはないことになります。それでも、この種のトレーニングがダイエットに効果があると言える理由は、それによってインナーマッスルを鍛えることができるという点にあります。インナーマッスルが鍛えられれば、当然ながら基礎代謝が上がります。こうして太りにくい体を作ることができるようになるのです。さらに、胴体部分を支える筋肉を鍛えるならば、内臓が正しい位置に戻されるようになります。これまで内臓がずれていたために生じていた、消化不良や便秘といった問題が改善されることでしょう。結果として、毎日の快便につながり、ダイエット効果が期待できるようになります。多くの運動に必要とされるような道具も不要で、体を激しく動かすような運動でもないため、大事な筋肉を傷めてしまうといった心配もありません。自宅で手軽に行なうことができるため、どんな人にもおすすめのトレーニングと言えるでしょう。特に鍛えたいと思う部位に絞って、トレーニングしてみましょう。上述したプランクに加えて、他にもおすすめの方法として、腹部と臀部を鍛える方法や、太ももを引き締める方法などがあります。体幹トレーニングで腹部と臀部を鍛えるなら、インナーマッスルが鍛えられ、ダイエット効果が期待できるようになります。また、太ももを鍛えることによって、基礎代謝を上げることができるでしょう。太ももは比較的筋肉の多い部分だからです。このようなトレーニングによって筋肉をしっかり鍛えることによって、より高いダイエット効果をねらってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です