内臓脂肪を落とす運動で効果的にダイエット

内臓の周りや腹膜の表面などについてしまう脂肪のことを内臓脂肪と呼びますが、この種の脂肪はつきやすく、落としやすいとも言われています。日ごろの食事の見直しや適切な運動によって、かなり効果的に落とすことができるのです。そうするなら、健康的にダイエットを行なうことができるでしょう。この面でおすすめなのは、有酸素運動です。つまり、が行うような筋肉トレーニングのような種類の無酸素運動ではなく、ウォーキングのようなものと言うことができるでしょう。それも、時々行なえばよいというものではなく、毎日の生活の中に確実に取りいれ、継続して行なうことが必要です。一日でも行なわない日があったりすると、ダイエット効果は半減してしまうとさえ言われています。それで、自分の生活をよく見直し、組織して、毎日行なうよう心がけましょう。内臓脂肪を落とすのに、なぜこれが良いかと言うと、脂肪の燃焼に大きく関わってくるからです。もちろん、ウォーキングと一言で言っても、ただ単に歩けばよいというものではありません。できれば、早歩き程度のテンポで歩くことです。そうすることによって、心拍数を上昇させることができ、脂肪を燃焼させやすくすることができるのです。おすすめは、最低でも三十分から一時間ほど歩くことです。あまりに歩く時間が短いと、脂肪を燃焼させ、落とすまでの効果は得られないからです。それでも、極端になる必要はありません。息切れがするほどの激しいものではなく、リズミカルなテンポで呼吸できる程度のものを心がけましょう。ダイエットに効く有酸素運動はウォーキングだけではありません。水泳もたいへん良いダイエット効果を持っています。水泳は短時間で全身をしっかり動かすことができるため、かなりのカロリーを消費できるダイエットにおすすめの方法と言われています。
ウォーキングや水泳、さらにはジョギングやサイクリングといった有酸素運動を行なうことによって、気になる内臓脂肪を効率良く減らすことができます。しかし、より高いダイエット効果を得るためには、そこに筋肉運動を組み合わせて行なうことであると言われています。具体的な例を挙げてみましょう。腹筋を何十秒か行なったら、ウォーキングを何十秒か行ない、その後腕立て伏せを何十秒か行ない、さらにウォーキングを行なうといった具合です。このように適度に組み合わせて行なうことによって、効果的なダイエットを行なうことができるでしょう。前述しました、おすすめのウォーキングに関してですが、あまりにも忙しい毎日を送っているため、時間を取り分けるのが難しい場合もあることでしょう。そんな方におすすめなのは、日頃のちょっとした工夫です。例えば、通勤時に一つ手前の駅で降りて余分に歩くようにすることができるでしょう。また、会社の昼休みなどにちょっと外へ出て歩いてみるのもよいでしょう。さらには、夕食の後歩くことを習慣にしてみることもできます。加えて、内臓脂肪を減らすためにおすすめの運動は、横隔膜を動かすストレッチです。横隔膜を意識的に動かして肺を膨らませるようにすることによって、酸素の摂取量が増えます。それによって、脂肪が燃焼しやすい体質になっていくことでしょう。また、こうして横隔膜を動かすことによって、腸を動かすことができます。結果として、内臓の周囲についた脂肪がエネルギーとして使われることになり、脂肪を減らすのに役立つというわけです。特に、入浴時に行なうなら、より一層高いダイエット効果が期待できると言われています。さらに、腹式呼吸をしながら行なうことによって、その効果は高まるため、この点にも注意して行なうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です